賭けの分類-過去の文献から

一口に「ギャンブル」や「賭け」と言っても私達がイメージする内容は様々です.ここではまず「賭け」や「ギャンブル」を分類することから始めましょう.

Ziemba, Brumell,Schwartz (1986) はギャンブルを2つの観点から合計4種類に分類しています.観点の1つは「勝つチャンスが完全に運によるか,技術を要するか」であり,もう1つの観点は「勝利による利得が,完全に運に依存する・もしくは定まっている(技術によって増減しない)か,技術によって増減するか」です.これによってギャンブルを分類すると以下の表のようになります.

勝つチャンス
完全に運によるもの  技術により増加するもの
 利得 完全に運によるか定まっているもの  宝くじ・スクラッチくじ ある試合の野球で勝利チームを当てた人の中から,抽選で1名で1万円当たると言うもの
技術により増加するもの  ロト6・ミニロト・ナンバーズ 競馬・公営競技・スポーツくじ
ブラックジャック・ポーカー

宝くじもナンバーズも,共に当たる確率は完全に運に依存しており技術に依存しません.(「ナンバーズの番号は傾向を研究すれば,当たる確率が上がる」と考えるような人は,このサイトには向きません.)ただし「宝くじ」の賞金は完全に運によって決まり技術に依存しませんが,ナンバーズやロトは,(後述するように)自分が選ぶ番号によって賞金を変化させる可能性があります.したがって,利得の分類は,宝くじとロト・ナンバーズでは異なると言えるでしょう.

競馬や競輪,賭け麻雀・賭け将棋などは技術に依存してよって勝つチャンスも利得も増加する可能性があります.右下のセルに分類されるこれらのギャンブルが,私達が一般にギャンブルと呼ぶもののほとんどを包括しています.