学会発表

  1. "Existence of Pure Strategy Equilibria in Finite Quasiconcave Games," GAMES2016(2016年ゲーム理論国際学会),  2016年7月16日,マーストリヒト(オランダ).
  2. "Existnece of Pure Strategy Equilibrium in Finite Games and Direction Preservingness of Best Reply Functions," SING10(第10回スペインイタリアオランダゲーム理論学会),  2014年7月7日,クラカフ(ポーランド).
  3. "Pure strategy Nash equilibrium in finite symmetric concave games," IFORS2014(2014年OR学会国際大会), 2014年7月15日,バルセロナ(スペイン).
  4. 「利得関数に自己凹性を持つn人有限ゲームにおける純粋戦略均衡の存在」,日本オペレーションズ・リサーチ学会関西支部講演会,2014年10月25日,関西学院大学(日本).
  5.  "Pure strategy Nash equilibrium in finite symmetric concave games,"慶應大学数理経済学セミナー,2014年10月27日,慶應大学(日本).
  6. 「競馬の本命と穴馬の偏りにおける進化ゲーム解釈 」,確率モデルシンポジウム企画セッション ,2015年1月23日,東北大学(日本).
  7. 「競馬の本命と穴馬の偏りにおける進化ゲーム解釈 」,科研費シンポジウム「統計的推測の新展開とその応用」 ,2013年12月3日,つくば(日本).
  8. "Pure strategy Nash equilibrium in finite symmetric concave games," EURO2013(2013年ヨーロッパOR学会), 2013年7月1日,ローマ(イタリア).
  9. 「利得関数が整凹関数である有限n人対称ゲームにおける純粋戦略均衡の存在」,日本OR学会研究部会「確率最適化モデルとその応用」2012年度第11回研究会,2012年12月22日,芝浦工業大学(東京,日本).
  10. "Existence of a pure strategy equilibrium in finite symmetric games where payoff functions are integrally concave," 第18回DCコンファレンス, 2012年9月16日, 関西大学(大阪,日本)
  11. 「利得関数が整凹関数である有限n人対称ゲームにおける純粋戦略均衡の存在」,日本OR学会2012年度秋季研究発表会,2012年9月13日,名古屋(日本).
  12. "Real Options and Signaling in Strategic Investment Games, "GAMES2012 (第4回ゲーム理論国際学会),2012年7月26日,イスタンブール(トルコ).
  13. "Existence of a pure strategy equilibrium in finite symmetric games where payoff functions are integrally concave,"SING8(第8回スペイン・イタリア・オランダゲーム理論学会),2012年7月16日, ブダペスト(ハンガリー).
  14. "Existence of a pure strategy equilibrium in finite symmetric games where payoff functions are integrally concave," EURO2012(2012年ヨーロッパOR学会),2012年7月9日,ヴィリニュス(リトアニア).
  15. "Existence of a pure strategy equilibrium in finite symmetric games where payoff functions are integrally concave," Game Theory seminar of Tilburg University, 2012年6月1日,ティルバーグ(オランダ).
  16. " Real Option and Signaling in Strategic Investment Games," 京都大学経済研究所ミクロ経済学・ゲーム理論研究会,2011年11月17日,京都(日本).
  17. " Real Option and Signaling in Strategic Investment Games," SING7 (第7回スペイン・イタリア・オランダゲーム理論国際学会), 2011年7月18日, パリ(フランス).
  18. "Existence of Pure Strategy Equilibria in Finite Markov Games with Strategic Complementarities," 2010年第1回中国ゲーム理論・実験経済学国際会議, 2010年8月25日,北京(中国).
  19. "Real Option and Signaling in Strategic Investment Games," EURO 2010 (2010年第24回ヨーロッパOR学会国際会議), 2010年7月12日, リスボン(ポルトガル).
  20. "Real Option and Signaling in Strategic Investment Games," 14th International Annual Real Option Conference, 2010年6月17日, ローマ(イタリア).
  21. "Existence of Pure Strategy Equilibria in Finite Markov Games with Strategic Complementarities," (with Hideaki Yamashita), 第100回東工大ゲーム理論セミナー, 2010年6月25日, 東京工業大学(東京).
  22. "Existence of a pure strategy equilibrium in Markov games with strategic complementarities for finite actions and finite states", (with Hideaki Yamashita), The 1st Annual UECE LISBON MEETINGS -- GAME THEORY AND APPLICATIONS (Lisbon 2009.11.09).
  23. "Existence of an equilibrium in Markov games with strategic complementarities and its application", (山下英明氏と共著),日本OR学会2009年秋季発表会(長崎大学2009.09.09).
  24. "Existence of an equilibrium in Markov games with strategic complementarities and its application", (with Hideaki Yamashita), Summer Workshop on Economic Theory 2009 (SWET2009), (札幌2009.08.07).
  25. "Existence of equilibria in Markov games with strategic complementarities for finite actions", (with Hideaki Yamashita), 2009 the 5th Spain, Italy, Netherlands Meeting on Game Theory (SING5),(Amsterdam 2009.07.03).
  26. "Existence of an Equilibrium in Markov Games with Strategic Complementarities,"(山下英明氏と共著),日本OR学会2009年春季大会(筑波大学2009年3月16日).
  27. インターネットオークションの理論 (基礎),第5回日本OR学会中部支部シンポジウム「インターネット時代のゲーム理論」, 2008年9月5日,日本オペレーションズ・リサーチ学会中部支部.
  28. リアルオプション研究におけるゲーム理論が果たす2つの役割--競争と協調,情報の伝達, 日本リアルオプション学会 企業金融工学フォーラム,2007年12月15日,早稲田大学 ファイナンス研究科.
  29. "Investment Game under Uncertainty: An Analysis of Equilibrium Values in the Presence of First or Second Mover Advantage" (with Juinichi Imai), 11th Anuual Real Option Conference, in Berkeley, June8, 2007.
  30. "A Choice of Auction Format in Seller Cheating: A Signaling Game Analysis," (with Takehiko Yamato), 2006年度第8回東工大ゲーム理論セミナー, 2007年2月.
  31. 「リアルオプションとゲーム理論:コミットメントかオプションか」,2006年度中央大学大学院総合政策研究科第1回ワークショップ「リアル・オプションとゲーム理論」
  32. 「リアルオプションとゲーム理論:コミットメントかオプションか」,日本リアルオプション学会第1回公開研究会,2006年5月.
  33. "Cheating in Second Price Auctions with Affiliated Values," (with Takehiko Yamato", PRIWEC2006(IEEE Pacific Rim International Workshop on Electronic Commerce), March 27, March, 2006.
  34. "A Numerical Approach for Real Option Values and Equilibrium Strategies in a Duopoly" (with Juinichi Imai) , 大阪大学社会経済研究所( ISER SEMINAR SERIES), Feburary 22, 2006.
  35. "A Multi-Stage Investment Game with Real Option Analysis" (with Juinichi Imai), 日本オペレーション時リサーチ学会2005秋季発表会, 2005年9月.
  36. "A Multi-Stage Investment Game with Real Option Analysis" (with Juinichi Imai), 9th Anuual Real Option Conference, in Paris, June 23, 2005.
  37. 「オークションの設計理論と数理計画」(松井知己氏と共同発表),第49回オペレーションズリサーチ学会シンポジウム「数理計画の理論と実装」, 2003年.
  38. (基調講演)ゲーム理論におけるオークション理論の発展と近年の課題, 2002年度日本ゲーミングシミュレーション学会秋季研究発表会, 2002.
  39. 「複数財のオークションについて」(松井知己氏と共同発表), MACC2001(第10回マルチエージェントと協調計算ワークショップ),2001年.
  40. "Multi-object Auctions with Necessary Bundles,"(松井知己氏と共同発表), 第7回ディセントラライゼーション・コンファレンス, 2001年.
  41. 「競売と競争入札のゲーム理論 」, OR学会第43回シンポジウム「ゲームの理論とオペレーションズリサーチ」, 1997年
  42. "Possibility of BOT Projects in the Points of Risk Allocations and Financial Advantage of Private Sectors," The Fourth Conference of the Association of Asian-Pacific Operations Research Societies, 1997. (in Australia).
  43. 「無限人ゲームの均衡点の唯一性」, 決定理論とその関連分野研究集会, 1997年.
  44. "Uniqueness of the Equilibrium in Non-cooperative Games with a Continuum of Players," 日本オペレーションズリサーチ学会1997年度春季研究発表会, 1997年.
  45. "A Parimutuel System with Two Horses and a Continuum of Bettors," Far Eastern Meeting of Econometric Society 1997. (in Hong Kong)
  46. "Parimutuel System with Two Horses and a Continuum of Bettors," 理論・計量経済学会1996年度研究発表会, 1996年.
  47. 「2国間経済援助における交渉仲裁モデル」,日本シミュレーション&ゲーミング学会第7回全国大会発表会, 1996年
  48. 「2国間経済援助における交渉モデル」,日本オペレーションズリサーチ学会1995年度秋季研究発表会,1995年.
  49. 「配送路における費用分担」(毛利裕之氏,久保幹夫氏,森雅夫氏と共同発表),日本オペレーションズリサーチ学会1995年度春季研究発表会
  50. 「巡回セールスマン費用配分問題に関するいくつかの考察」(毛利裕之氏と共同発表), 日本オペレーションズリサーチ学会1995年度春季研究発表会,1995年.
  51. "A Model of Horse Racing with Many Bettors,"International Conference of Asia Pacific Operations ResearchSociety, 1994 (in Fukuoka)
  52. " A Model of a Parimutuel System with Many Bettors," TIMS/ORSA Joint National Meeting, 1994. (in Boston)
  53. "A Model of a Horse Racing I::Characterizations," 日本オペレーションズリサーチ学会1992年度春季研究発表会, 1992年.
  54. "A Model of a Horse Racing II: Equilibrium Selection," 日本オペレーションズリサーチ学会1992年度春季研究発表会, 1992年.
  55. "Some Examples of Implementable SCCs in undominated strategies by bounded mechanisms,"日本オペレーションズリサーチ学会1991年度春季研究発表会,1991年.
  56. 春季研究発表会「競売ゲームにおける安定した入札」,(森雅夫氏と共同発表),日本オペレーションズリサーチ学会1989年度春季研究発表会,1989年.