じゃんけんで出やすい手

じゃんけんで出やすい手について.じゃんけんでは統計的にグーが出やすく,チョキが出にくいことが知られている.

もはや古典とも言える有名な結果が,桜美林大学の芹沢光雄教授のデータで「学生725人に,のべ11567回ジャンケンさせたところ グーが4054回(35.0%)、パーが3849回(33.3%)、最も少ないのはチョキで3664回(31.7%)」というものである.(例えば日本じゃんけん協会「勝利の法則」.なおこの記事は「2009年6月20日の日本経済新聞土曜版「日経プラスワン」に掲載された」とされているものが多いが,私が見たのはそれより前の読売オンラインだった.その記事では,卒論でそれを調べた学生がいた,というものだったと記憶している.)

世界じゃんけん協会(The world rock paper scissors society) のホームページでも,出典は不明ながら「グーが35.4%,パーが35.0%,チョキが29.6%」となっており(じゃんけんの戦略(rock-paper-scissors strategies)) やはりグーが一番出やすい手だと言われている.

このことから,何も条件がなく初めての人とじゃんけんをするときは,「パーを出すと勝つ確率が上がるので,パーを出せ」とされている.

ちなみに私のゲーム理論の講義では,この話をした後に学生とじゃんけんをしてみる.それで私はチョキを出すのだが,学生もこの必勝法を鵜呑みにして,パーを出すことはほとんどない.相手も自分もその情報を知っていると,その必勝法は使えない.ゲーム理論における2人じゃんけんの解(ナッシュ均衡)は「グー,チョキ,パーを1/3の確率で出す」である.ゲーム理論では,相手が自分の行動を読んでも,自分の利得がそれ以上高くならない手を選び合う. 「グー,チョキ,パーを1/3の確率で出す」 以外の解は,それに従うことを相手が知れば,もう解にはならないのである.

自分が興味があるのはこのような統計が人々に知られるようになると,人間の行動が変わり,統計が変わるのかどうかである.10年後に調べてみると,じゃんけんではチョキを出す人が多くなっていると面白い.

他に有名な必勝法としては 「じゃんけんを続けてするときは「相手は異なる手を出しやすいので,いま相手が出している手に負けるような手を出せ」」と言うのがある.例えばパーであいこになったとき,次は相手はパーと異なる手(グーかチョキ)を出しやすいので,グーを出せば勝つ確率は高くなる,と言ったものである.特に2回同じ手であいこになったときは,相手が手を変える確率はずっと高くなる.例えばパーで2回あいこになったときは,3回目にグーを出せば勝つ確率はずっと高いと言われている.